カードローン 審査 受かるには

カードローンの審査に受かるにはどうしたらいいか

カードローンの審査に受かるには

カードローンの審査を考える
カードローン会社も計画的に利益を挙げることを目標としている一企業であり、慈善事業ではありませんので誰にでも無条件にお金を貸すということはしません。 貸したお金が利息付きで返済されることで利息分が売上となり、事業に掛かった経費を除いた分が利益となるのです。 多くの利益を挙げるには沢山の利用者を集める事が必要で、これは金利を出来るだけ下げて自分の所にお客を集める努力や、そのために事業に掛かる経費を削減する努力もしなければいけません。 そしてもう一つは、確実な返済を実現することです。貸したはいいが返済されなければ貸し損となってしまいます。 つまり返済トラブルを起こしそうな人にはお金を貸さないということになり、これがカードローンの審査となります。 ただこの判断は難しいでしょう。インターネットでカードローンの申請がありました。さあ貸すかどうか、カードローン会社はどう判断するのでしょう。 皆んなが皆んな、ちゃんと返済してくれるのであれば何の問題もありません。どんどん貸すだけです。 ただ実際には返済トラブルも少なくなく、カードローン会社の損失となる案件も少なくないのが実情です。 この返済トラブルはどの程度発生しているのか。それは多分どのカードローン会社も公表していないと思います。 この返済トラブルで帰ってこないお金を計算・想定してそのカードローン会社の金利が決まりますので、いわば企業秘密なのかも知れません。 そして、返済トラブルになった人の申請内容やいろいろなパターンを解析して、今後の審査にはそういう可能性のある人にはお金を貸さない、つまり審査NGという判断をするのです。 カードローン会社としては売上を挙げるために出来るだけ利用者を増やしたい、但し返済トラブルは少なくしたいので審査も厳しくして利用者を絞りたい、という微妙な問題を審査内容を調整するということで高度な判断をしているのです。

カードローン審査に受かるには
これは残念ながら個人だけの努力では如何ともしがたい部分もあります。 まずは年齢制限です。大体20歳以上から65歳未満となっているのが一般的です。 20歳以下に年齢制限がある理由は、カードローンとは無担保・無保証人で且つ本人の信用だけで現金を融資するものですので、未成年への融資は難しいということなのでしょう。 65歳制限については、カードローン会社によっては更に上の年齢まで受付OKのところがありますので、ホームページなどで調べてみるといいでしょう。 そして年齢的にOKとしても安定した収入があることが大きな条件になっています。返済出来る経済的な裏付けがあることをカードローン会社としては必要としている訳です。まあ貸す方としては当然でしょう。 ただこれも申し込み人にとっては意外と高いハードルになることもあります。 まず安定した収入とは何か。一般的にはサラリーマンやOLは毎月給料を貰っていますので、まず大丈夫ですが、問題はそれ以外の場合です。 アルバイトやパートはどうなのか。個人商店を営業している人はどうなのか。学生や専業主婦はどうなのか。 これらは各カードローン会社の判断に任せるしかありません。実は大体これらのパターンでの審査判断は決まっているところはあるようですが、申し込むカードローン会社のホームページやお客様窓口なので確認するのが確実でしょう。 ダメ元で申請してみる手もありますが、一度NG判断となると暫く受け付けてもらいないこともあるようですので慎重になる必要はありますが、 まあ一度ダメと判断されたところにまた申し込む必要もその気も無いかも知れませんので、取り敢えず審査結果NGを覚悟の上で申し込んでみるのもいいかも知れません。

ここまでは、個人の努力だけでは仲々難しい部分ですが、以下は完全に本人の努力と心掛けが大きな割合を占める部分です。 まず、他にも大きな借金がある場合。住宅ローンやクルマのローンはカウントされませんが、消費者金融系のカードローンでは総量規制という法律があり、年収の1/3以上の利用は出来ません。 この場合、他のカードローンで既に年収の1/3近い借金がある場合、別のカードローン会社に申し込んでも審査でNGとなります。これはカードローン会社間で個人の利用状況をデータベースで情報共有しているから分かります。 そして、年収的には大丈夫でも、他のカードローンで返済トラブルを起こした実績がある場合、これも情報共有の結果で審査NGとなる可能性があります。 ただ返済トラブルと言っても、約束の返済日に返済出来なくてもすぐに返済すれば大丈夫です。 個人的な話ですが、そのパターンは何度かありますが、すぐに返済すれば問題は無いようです。 返済トラブルを起こさない。これが重要なポイントとなるので要注意です。"