申込み 必要な書類

申込みに必要な書類について

カードローン以前
持っていれば何かと便利なカードローン。 これを生活費に使わないとやっていけないというのはちょっとマズイですが、持っていれば急な物入りがあっても安心ですし、借入も返済もコンビニATMが使えるのは本当に便利です。 また昔話で恐縮ですが、社会に出た頃は簡単に現金が借りられるなんて仕組みなんてありませんでした。(知らなかっただけかも知れませんが) 当時からサラ金はあったと思いますが、その評判(悪評)は有名でしたので、さすがにいきなりのサラ金はありませんでしたが、その後も幸いお世話にはなっていません。 じゃあ、急にお金が必要になった時はどうしたかと言うと、今はもうありませんが給料天引きの財形貯金から下ろしていました。 つまり自分の口座にある自分のお金です。
財形貯金には確か2種類あって、一般財形と住宅財形です。この貯金をしていると低金利で融資を受けられるというもので、大半の人は利用していたと思います。 住宅財形の方は簡単には下ろせませんでしたが(下ろせるのは確か年に2回とかでした)、一般財形の方は何時でも下ろすことが出来ました。 共に給料天引きでしたので、人によっては少ない初任給でしたが一般財形の2万円、住宅財形5万円なんてやっている人がいました。今思うとその人は自宅通勤組だったのでしょう。 私のような実家を離れてのアパート組ではそんな余裕はなく、一般財形だけ2万円位していたと思います。 それでも、その2万円は毎月下ろして使っていましたね。全然たまりませんでした。そしてその内この財形制度は無くなったと思います。貯金額に対して付く利子が高かったのでしょう。会社側がその負担を支えきれなくなったのだと思います。 それでもその時はまあ別口座ではありましたので、普通は給与の振込口座になるお金を使い、一般財形の口座にあるお金は予備分という自分の中では位置付けでしたので、それなりに便利だったと思います。 このお金は結局は自分のお金ですので、そこから幾ら使っても返済義務はありません。ただいつもほとんど下ろせるだけの残金が無かっただけです。 そんな状態では今のようにカードローンがあっても使ったら返済に困ることは明らかなんですけど、それでもイザという時に借りられる手段があるかどうかは決定的な違いがあります。 あとはカードローンは本当に必要なときにしか使わないこと、使ったらその返済分を給料から早めに確保してその月はその分我慢することを心掛けようと思いました。 元々無いところにカードローンを使ったらどうなるか、自分の給料でよく分かっていたからです。

カードローンを申し込んでみましょう
とりあえず、イザという時のためにカードローンは持っていたほうがいいと思ったので、申し込む事にしました。 この時に気を付けることがあります。
カードローンは審査以前に次の条件を満たしている必要があります。
・申し込み時点での年齢が満20歳以上、65歳未満であり、日本国内の在住であること。
・毎月安定した収入があること。(専業主婦や学生、年金受給者の方はカードローン会社に相談してみましょう。インターネット申し込みなら設問に答えるだけです)
・申し込み本人であること。



この条件を満足するなら申し込み自体はパソコンやスマホから簡単に出来ます。インターネットを使っての申し込みから審査、融資まではすぐに終わってしまいます。 融資されたお金は指定の口座に振り込まれますのであとは銀行かコンビニのATMで下ろすだけです。 この時点で必要な書類は実は健康保険証くらいです。 他に必要な書類は後からカードローン会社より送られてくる契約書に添付して送り返すことになります。 なので必要書類は最初から揃えておく必要はありませんが、契約書はすぐに送られてきますので事前に揃えておくほうが無難です。
必要な書類は通常は以下です。正確には申し込むカードローンのホームページで確認しましょう。
・健康保険証のコピー
 健康保険証は公的な書類であり職業もある程度証明していることから最も重要な書類となります。
・身分証明書のコピー
 顔写真付きの公的書類です。運転免許証やパスポート。これらをお持ちでない方は、健康保険証以外に住民票や印鑑証明書、公共料金の領収書など住所を証明する証明書等が必要となります)  外国籍の方なら在留カードまたは特別永住者証明書等が必要です。
・収入を証明する書類のコピー
 一般的にはカードローンで50万円以上の申し込みをする場合には、収入を証明する書類もあわせて必要になります。50万以下の利用であれば必要ありません。

 具体的には、給与証明書や源泉徴収票、納税証明書、所得証明書などです。実際に必要な書類は50万円以上の申し込みを行った際に指定されますので準備しておきましょう。"