カードローンの審査時に見られる所

カードローンの審査について

カードローンの審査

銀行系と消費者金融系のカードローン
この違いはよく言われることですが、簡単にまとめると大体以下の通りです。
・銀行系カードローン:金利は安いが審査が厳しい。
・消費者金融系カードローン:金利は少し高いけど審査は通りやすい。
ここで言う審査とは、申込時に色々な個人情報を申請書に記入しますが、その内容で銀行や消費者金融会社がカードを発行してもいい人かどうかの判断をすることです。 審査はいろいろな条件から総合的に判断されるということになっていますが、もし審査の結果NGという判断になったら、カードが発行されないという以上に、自分という人格を否定されてような感じがしてきっとショックを受けてしまうと思います。 学校の試験を受けて落ちるというのは違いますね。 試験は勉強してなかったり、ヤマが外れたりという言い訳は出来ますが、自分の個人情報だけでカードの審査結果NGというのでは弁解の余地がありません。 出来ればそんな事の無いよう、サイフと心の平和の安定のために審査を何とか合格するようにしたいものです。

ステータスカード系の審査
クレジットカードの中でもステータスカードと言われるものがあります。アメックス(アメリカンエキスプレスカード)の申し込みなどでは審査基準も全く違います。
アメックス申し込みガイド
アメックスは年会費も高い分、サービスや特典がいいのが魅力です。 カードローンを作ると通りにくくなる可能性もあるので先に可キャンペーンを使って申し込みましょう。

審査結果がNGとなる
カードローンの審査ですが、実はカードローン会社だけ独自で行っているのではなく、カードローン会社から委託を受けた信用情報機関も並行して審査を行っています。 信用情報機関とは、申請者の個人情報を各カードローン会社間で共有しているデータベースです。つまりこの信用情報機関を通すと、カードローン会社は申請者が他のカードローン会社での使用状況を確認することが出来るのです。 これは消費者金融系のカードローン会社に課せられている総量規制を機能させるためです。 総量規制とはカードローン会社に関わらず申請者は年収の1/3までしか利用出来ないという規制ですので、それを確認するために各カードローン会社は信用情報機関のデータベースを参照するのです。 申請者がカードローン会社(A)を申し込んだ場合、カードローン会社(A)は信用情報機関にこの申請者の他カードローン会社での利用状況を確認します。 そこで申請者が他のカードローン会社(B)で多額の借金をしていて総量規制にかかりそうだったり、返済が滞ったりしていることが分かると、カードローン会社(A)は申請者に対して審査結果NGを通告することになります。

審査結果自体はカードローン会社によりますが、特に消費者金融系はすぐに結果が分かります。早いところだと数分で分かりますし、その早さをウリにしているカードローン会社もあるくらいです。 そしてもし審査結果がNGとなっても、カードローン会社(A)からその正確な理由を教えてもらうことは出来ません。 自分のことなのに教えてもらえないのは納得出来ませんが、それはルールになっていますので、無理を言ってもダメです。ただ、NGとなった理由を調べる方法は無いことはありません。 やはりNGとなったのならその理由は知りたいところです。その理由が分からないと、また次のカードローン会社を申し込んでもまた同じ結果になるかも知れません。

それは、各カードローン会社のデータベースとなっている信用情報機関に問い合わせるという方法です。 信用情報機関にも幾つかありますが、CIC(CREDIT INFORMATION CENTER:クレジット・ローンにおける指定信用情報機関)ではホームページから情報開示請求をすることが出来ます。 そこではクレジット履歴、金融事故の有無、利用限度枠、支払いの遅延や延滞の履歴などが分かりますので、そこで支払いの不備がありましたら早めにそのカードローン会社に返済したほうがいいでしょう。 そうすれば先ほどのカードローン会社(A)の申請も今度は合格をもらえるかも知れません。 他にも信用情報機関はありますので、気になる場合はそれらへの情報開示請求をしてもいいかも知れません。但しCICを含めどこも有料ですのでそこは覚えておきましょう。

審査結果がNGとなる理由ですが、実はもっと単純な理由である場合もあります。それは申請書の記載ミスです。 これはカーローン会社に聞いても、信用情報機関に聞いても分かりませんね。 意外と記載ミスは多いようで、字が汚く機械が読み取れないとか、誤読み取りして別の意味になったりして正しい審査が出来なかった場合でもNGとなる可能性があります。 ホームページからの申し込みでは、誤変換に気を付けましょう。必須項目に記入せず空欄のままとすることもダメです。 それから、最も気を付けなくればいけないのは、ウソを書かない事です。 例えば年収などをごまかしても、簡単にバレます。カードローン会社や信用情報機関がもっているデータベースは膨大で、これ位の年齢の人がこの業種だと収入はこれ位、というのは簡単に分かるのです。 申請書は正確に正しい内容を記入することが大切です。